株式投資戦略

スポンサードリンク

私jinは、榊原 正幸著「現役大学教授がこっそり教える株式投資必勝ゼミ」の投資手法をベースに株式投資をしております。

投資の基準は簡単に潰れない安全な会社の株を安いときに買い、30%の利益を目標にするというものです。

以下は著者のホームページ「兜町大学教授の教え」からの引用です。

  1.基本的な考え方
[1] 銘柄選別

1. 東証一部上場企業であること

2. 一株純資産(BPS)が1,500円以上であること (「第2講」では、1,250円以上)

3. 自己資本比率が75%以上であること (「第2講」では、60%以上)
この基準によって選別される企業は、『究極に安全な投資対象企業』です。この『究極に安全な投資対象企業リスト』は、会員専用ページの「最新データ」を参照して下さい。
[2] 買い値の決定

いくらで(いつ)買うかの基準
1. いくらで買うかの基準
「買い値はPBRが0.5以下の株価」

2. いつ買うかの基準
「13週移動平均線の微分係数が-から+に転じる時」

3. PBRが0.5になったら、資金の半分でその株を買う。
資金の半分は、ナンピン用に取っておく。
そして、PBRが0.45になったら、
資金の残り半分でその株を買増しする。(ナンピンを視野に入れた投資計画)
[3]売り値の決定

1. 最長で「26週間」–最長でも26週間(半年で売却)

2. 最低で「25%」–最低でも25%の利益を獲得するまでは株式を保有

3. 高値から「5%」下落時–高値から5%下落した時点で売却

4. 最高で「50%」–最高でも50%の利益を獲得した時点で売却

2.Prof.サカキ式投資法によるケース分析
■Prof. サカキ式投資法による、より詳細な個別銘柄の買い値と売り値の分析手法

個別銘柄のケース分析の手順
1. データの基準
投資対象企業の過去5年度分の
(1) BPS
(2) EPS
(3) 自己資本比率
(4) 株価の高値と安値・高値と安値が示現した月
の各データを基準にします

2. 予測BPSを求める
(1) 過去5年間のBPS増加率を計算します
(2) 全期間または特定の期間のBPS増加率の単純平均を計算します
(3) 次年度の予想BPSの値
= 前年度のBPSの値 × BPS増加率の平均値((1)の値)

3. 周期を推測する
直近1年間の株価の推移を見て、次に来るのが高値か安値かを推定します

4. 株価の予測
(1)  「過去のPBR」に注目しながら、直近2年間のEPSの推移に似かよった年度を探す
(2)  来るべき高値と安値のPBRを予測します。
(3)  高値・安値の予想値
= 次年度の予想BPSの値 × 高値・安値のPBR予測値
(2.の(3)の値 × 4.の(2)の値)

5. 時期の予測
(1)  高値→安値期間と安値→高値期間を月単位で求めます
(2) これらの平均値を求めることで、だいたいの時間的周期性を割り出します
(3)  株価形成における季節性や時期的な周期性を考慮に入れるため、過去において高値がついた月が何月であったかをみて、総合的な予測を立てます

買いの銘柄の基準が1. 東証一部上場企業であること、2. 一株純資産(BPS)が1,500円以上であること (「第2講」では、1,250円以上)、3. 自己資本比率が75%以上であること (「第2講」では、60%以上)とかなり厳しいのですが、それだけ安全度も高まるという事です。

また、全額を投資せず、下がったらさらに買い増すために半分の資金を取っておくことで、安心感が増します。当然儲け損ねの可能性もあるのですが、安心感の方が価値が高いと思います。

株は感情に負けてはダメです。株の上げ下げで一喜一憂せず、データでシステマチックに売買することが重要だと思います。

現役大学教授がこっそり教える 株式投資「必勝ゼミ」

中古価格
¥1から
(2015/9/28 23:33時点)

現役大学教授がこっそり教える株式投資「必勝ゼミ」〈第2講〉進化する頭脳―まだまだあった!知られざるお宝発掘法

中古価格
¥137から
(2015/9/28 23:32時点)

ランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

スポンサードリンク

投稿者:

jin

都内に住む39歳妻と子供(2歳と0歳)持ちのサラリーマンです。2015年の年初から会社のストレスで精神を病む。現在は比較的安定してますが、モチベーションが上がらないため、セミリタイアを目指すべくお金を貯め、新たな収入源を確保するべく活動中です。資産や収入の状況など赤裸々に公開していきます。

「株式投資戦略」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。

    私も以前心療内科に通院した経験があります。

    経験的に株の売買やブログの更新を頻繁にできるかたは、かなり軽度のほうだと思います。

    急がず、でもしっかりと復帰できるといいですね。

    1. トド様
      コメントありがとうございます。
      今年に入ってから精神的に参ってしまい、それが5月まで続きました。
      軽度なのかもしれませんが、これ以上悪化したら本当にヤバいと思い、目標面談の際に上司に告白してから改善しました。
      まだ正常に戻ったとは言えませんが、今現在は状態は安定しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です